質屋と買取店との違いについて

質屋池袋店のこだわりサイトのmainイメージ
池袋などにたくさんある質屋と買取専門店との違いについてです。買取額が質入れと買取と違うことがあるのでよく考えて決めましょう。

質屋と買取店との違いについて

東京の新宿や池袋周辺には質屋がたくさんあります。

そんな中、買取専門店やリサイクルショップなどもあり、違いが良くわからないですよね。

質屋と買取専門店との違いは何なのでしょう。

違いについて理解しておきましょう。

・買取はどこも同じ

ブランド品や貴金属など、物を買取してもらうというのは、質屋でも買取専門店でも同じです。

基本的にどんなものでも買取してくれますので、買取価格はやや低めですが、「これは買い取れない」と断られることは少ないです。

ただし、質屋や買取専門店によって買取価格は違います。

競合店になりますから、価格に差があるのは当たり前で、どこにするかはお客様が決めるようになっています。

・では質屋は何?

質屋は買取専門店ではありませんが、何をするところかというと品物を預かってそれに見合った額のお金を融資するところです。

買取専門店では品物を査定してそれを買い取ってしまいますが、質屋で質預かりにすると、品物を預かってお金を融資し、3か月間保管しておきます。

その期間内に融資したお金と利息を添えて返済すると、預けた品物は手元に戻るしくみです。

買取の場合は、その場でお店が買い取ってしまうので、品物は返ってきません。

・質入れか買取か

質入れしたものも、期間内に返済しなければ品物は戻りません。

それなら買取と同じようなものではと思いますが、ある池袋の質屋では買取の方が同じ品物でも高値がつきます。

質屋では、「買取にしますか、質入れしますか」と尋ねるようですから、思い入れのある品物だからやっぱり返して欲しいというなら質入れにする、もういらないから買取で良いというように、その場で決めることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加